【公式】エクセレントシティ本八幡駅前 サザンライズ|JR総武線「本八幡」駅徒歩2分の新築分譲マンション

STRUCTUREセキュリティ構造

SECURITY安全を見守る防犯性能。

  • 映像と音声で来訪者を確認、カメラ付オートロックシステム

    オートロックシステム概念図

    オートロック顔認証システム

    「顔認証入館システム」は、外部からマンションへ入館する主要な出入口にカメラを設置し、個人の「顔」を識別し自動ドアを開閉させる先進の入館管理システムです。顔認証により、ハンズフリーで入館することができ、両手がふさがっている場合でも、よりスマートな出入りを可能とします。

  • 万一の場合も安心なエレベーターシステム

    初期微動感知地震管制運転(リスタート機能付)

    地震発生時、強く揺れる主要動が来る前の初期微動を感知し、最寄り階に自動で着床しドアを開放。主要動を感知しない弱い地震の時は、一定時間が過ぎた後、自動的に運転を再開します。

    エレベーター内の機能も充実
    停電時自動着床装置

    停電時に動力電源をバッテリーに切り替え、自動的にエレベーターを最寄り階に着床。人の閉じ込めを回避します。

    ※従来の蛍光灯タイプとの比較。P型11人乗り、SL-01天井適用の場合
  • 安心な24時間体制のセキュリティシステム

    住まいの日々の暮らしや建物の安全を、日立ビルシステムと綜合警備保障との連携により、24時間・365日体制で見守るシステムを導入。住戸における火災や建物内・エレベーター(保守会社に信号等が入ります)など共用部の異常発生時など万一の緊急事態の際は管制センターへ自動通報。緊急出動などさまざまなケースに応じて迅速に対応するシステムです。

    セキュリティシステム概念図※敷地内に設置された防犯カメラの画像は管理員室にて録画(一定期間)される仕組みになっています。

大画面&多機能で防犯性を高める
「7型ワイド画面インターホン」

7型ワイドの大画面が、映像を大きくクリアに表示。タッチパネルなので操作もしやすく、便利で快適な毎日をサポートします。

  • 離れていても
    大画面にしっかり映る

    訪問者から離れた所に誰かがいても、約170°のパノラマ&ズーム映像で、7型ワイドの大画面に映し出します。

  • 留守中も安心、
    自動録画機能は防犯の基本

    呼び出しを受けると、訪問者の映像を自動録画。1件あたり6画面、最大40件まで保存し、記録確認や長期間の留守にも安心です。

  • 入館前に、訪問者が
    自身の姿をセルフチェック

    呼出先の室番号を押すと、訪問者自身の姿を映します。背後の確認や、共連れやなりすまし入館の防止にも役立ちます。

  • ふた付きドアアイ

    ドアアイに切り欠きを設け、外部から回しにくい形状にしました。裏蓋付きで在室確認ができないようになっています。

  • 敷地内に防犯カメラを設置
    (エレベーター内含む)

    建物内やエレベーターなどの共用部には、防犯カメラを設置。常に見守られていることで安心感が高まります。

  • こじ破り対策

    鎌状にデッドボルトが噛み合っているため、こじ破りに優れた耐久力を発揮します。

  • スイッチ式サムターン

    スイッチを押し込まなければサムターンが回せないので、不正解錠防止になります。

STRUCTURE優れた耐久性と居住性を生む安心構造。

  • 耐震構造

    建物自体の強さや強度で地震の揺れに抵抗する耐震構造を採用。極めて稀に発生する大地震の際にも建物が倒壊・崩壊しない耐震強度を確保しています。

    イラスト概念図
  • 建物を支える堅牢な杭構造

    地盤調査に基づいて、深さGL25.0m以深に杭長約21.05m~29.00mの場所打ち鋼管コンクリート杭18本を、支持層として法的に信頼できる細砂層およびシルト混じり細砂層に埋込む工法を採用しています。

    基礎杭イメージイラスト
  • 遮音性に配慮した壁構造

    住戸間の戸境壁(一部乾式遮音壁除く)は約180mm~300mm以上、外壁は約150mm~300mm以上を確保。外部の騒音侵入や隣戸間の生活音漏れを抑制します。

    イラスト概念図
  • リフォーム・メンテナンスに優れた
    二重天井・二重床構造

    床板や天井との間に空間を設定。配線・配管に自由が利くためリフォームもしやすく、バリアフリーにも対応しやすい仕様です。

    イラスト概念図
  • 構造計算書に基づく十分な鉄筋量

    構造計算書により鉄筋量を決定。柱は鉄筋直径最大約38mm、梁も最大約38mmとし、末永く安全にお住まいいただけます。

    イラスト概念図
  • 耐久性を高めるダブル配筋

    外壁部をはじめ、住戸間を隔てる戸境壁にもダブル配筋を採用。優れた耐久力を誇り、乾燥収縮のひび割れも抑止します。

    イラスト概念図
  • 耐久性に優れた構造躯体

    建物の主要構造部材(杭を除く)には1㎡あたり最大約4,800トンの圧縮にも耐える耐久性の高いコンクリートを採用。住宅性能評価における「劣化対策等級3※」を取得しています。

    イラスト概念図
    ※通常想定される自然条件及び維持管理の条件の下で3世代(おおむね75〜90年)まで、構造躯体等に関わる大規模な改修工事を必要とするまでの期間を伸長するため必要な対策が講じられている建築物。
  • 地震時にも安心な対震ドア枠

    地震によるドア枠の歪みに対応する対震ドア枠は、避難経路が遮断され、逃げ遅れが生じる危険性を抑制します。

    イラスト概念図
  • 耐久性を高めるコンクリートかぶり厚

    鉄筋を包むコンクリートの厚さ(かぶり厚)を充分に確保し、内部鉄筋のさびを抑制。末永く優れた耐久力を維持します。

    イラスト概念図
  • 住宅性能評価

    国が指定する第三者機関によって設計段階の評価をまとめた「設計住宅性能評価書」を取得済。施工段階と竣工時の検査結果をまとめた「建設住宅性能評価書」も取得予定です。

  • コンクリート中の水セメント比50%以下

    本物件はコンクリート中の水の比率をセメントの50%以下に抑えた良質なコンクリートを使用(杭・外構・雑部除く)し、優れた耐久力を確保しました。

    ■コンクリート構成(重量比)
  • 次世代省エネ基準「等級4」を取得

    国土交通省・経済産業省の次世代省エネルギー基準に合わせ、壁30㎜以上の断熱材、20㎜の折り返し断熱材や複層ガラスの採用など、住宅性能評価書の省エネルギー対策等級を4等級とした、高断熱仕様を実現します。

    ■構造イメージイラスト