【公式】エクセレントシティ馬込ヒルズ|都営浅草線「馬込」駅徒歩9分の新築分譲マンション

LOCATIONロケーション

[ 1 ] [ 2 ] 現地付近の街並み [ 3 ] 池上梅園 [ 4 ] 洗足池公園(徒歩21分/約1,620m) [ 5 ] 池上本門寺 [ 6 ] 洗足池公園(徒歩21分/約1,620m)

古くから勝景の地として
親しまれてきた
馬池洗まいせんと呼ばれる邸宅地。

「馬込」「池上」「洗足池」。
それぞれの頭文字から「馬池洗(まいせん)」と呼ばれる大田区の中央部を占めるこのエリアは、
今でも豊かな水と緑、花や史跡などの多くの観光資源に恵まれています。
川端康成・北原白秋をはじめとする大正・昭和期の文人・芸術家たちが関東大震災後に多く移り住み、
「馬込文士村」と呼ばれた当時の文芸発信拠点。
国指定の重要文化財を擁する長い歴史を持つ日蓮宗の大本山「池上本門寺」、
広重の「名所江戸百景」にも描かれた湧水池「洗足池」など、
今もなお多くの人々を魅了する自然や文化、歴史が残されています。
遙か昔から人々が暮らしを営み、訪れる場所としても愛されつづけてきた場所と言えるでしょう。

永住FIELD

永く暮らすための素地が整う高台。
第一種中高層住居専用地域の住宅街に。

現地周辺は古くから人々が暮らしを育んできた山の手の住宅街。
新興住宅地にはない懐の深い歴史や文化があり、雑多な環境懸念施設が周囲になく、
安心で安全なうえ、落ち着いて暮らせる環境が整っています。

立地概念図
  • Residential area落ち着いた街並みを形成する住居系地域

    「エクセレントシティ馬込ヒルズ」の建設地は都市計画法により建築できる建物の種類や規模などが制限された「第一種中高層住居専用地域」。事務所や遊戯施設などの建設が禁止されており、日々の暮らしにも良好な環境が保たれていると言えるでしょう。

  • 大田区「まちマップおおた」を基に作成。
  • Solid ground住宅地盤として良好な武蔵野台地

    「エクセレントシティ馬込ヒルズ」が立地する武蔵野台地は堅固な地盤が特徴で安定しており、比較的大きな強度が期待できるので、地震時による液状化などの不安が少ないといわれています。このエリアは住宅地盤として良好だと言えます。

  • Hazard map多摩川の浸水も想定されていない高台立地

    現地周辺の標高は約30m。平成12年の東海豪雨(総雨量589mm・時間雨量最大114mm)と同等の雨が降った場合でも、多摩川の堤防が決壊したと想定した場合でも、現地周辺は浸水の被害が極めて少ないと大田区により報告されています。

    大田区洪水ハザードマップより
※掲載の距離はすべて現地からの距離を地図上で計測したおおよその数値になります。また、徒歩分数は徒歩1分=80mにて算出し、端数は切り上げています。掲載の環境写真は2018年7月に撮影したものです。
※立地概念図は、現地周辺の地図や標高図、図面を基に簡略化して描いたイメージイラストで、距離や建物のスケール等、実際とは異なります。