セキュリティ・構造|【公式】エクセレントシティ葛西パークアリーナ|江戸川区の新築分譲マンション|東京メトロ東西線「葛西」駅より徒歩10分

エクセレントシティ葛西パークアリーナトップ > セキュリティ・構造

SAFETY
セキュリティ・構造

SECURITY
セキュリティ

いつまでも住まうために求められる、確かな安心・安全。

「Windea(ウィンディア)」は、誰にでも使いやすく、しかもスタイリッシュ。インターホンの新しい形です。

  • 大きな液晶画面をセンターに配置。見やすいタッチパネル式。
  • 通話と解錠のボタンを独立させ、大きくしたユニバーサルデザイン。

※モニター画面はイメージです。

来訪者自身を自動で表示
[自画像投影機能]

ロビーインターホンの前に立つと来訪者自身の顔を表示。“映されている”ことを意識させて防犯効果を高めます。

後ろの人までしっかり見たい。
[ワイドビュー&ズーム機能&パンチルト操作]

従来比で面積比が約3倍の撮像範囲で、ロビーの広い範囲を確認できます。ゆびさきでタッチすると顔を拡大表示(2倍)できます。

暗いロビーでもお顔はくっきり。
[自動逆光補正機能]

独自の技術で、被写体の明暗を認識。自動で明るさを補正します。

あ、荷物が届いているみたい。
[新着表示機能]

宅配の着荷や伝言があると、メニューボタンが点滅してお知らせします。

来訪者の映像をのがさない。
[プレーバック再生機能]

来訪者がインターホンを操作してから最初の2秒間の映像を子画面に自動再生。いたずらも防止でき、来訪者の顔が確認できて安心です。

家族間の伝言も。
[伝言機能]

家族間の伝言も手軽に録音。伝言があるときはメニューボタンが点滅してお知らせします。

映像と音声で来訪者を確認、カメラ付オートロックシステム

居住者は住戸内のカラーモニター付インターホンにて、来訪者を鮮明な画像と音声で確認してから解錠できるシステム。インターホンはハンズフリータイプですので、手が離せない時にも対応しやすく便利。さらに録音機能付なので不在時の来訪者の音声を記録できるなど、日々の暮らしを見守り、建物内への不審者侵入を防ぐ、安心感の高い住まいを実現しています。

touch_app指で左右に動かしてご覧ください。
  • 建物内に防犯カメラを複数台設置
    (エレベーター内含む)

    建物内やエレベーターなどの共用部には、防犯カメラを設置し、セキュリティ体制を強化。居住者に「見守られている」安心感を与えることで、建物内の安全を日々見守ります。

  • 防犯性の高いノンタッチリバーシブルキー

    かざすだけでオートロックの解錠ができるノンタッチ(非接触)キーを採用しています。

  • 風除室(カメラ付オートロック自動ドア)

    来訪者は各住戸内からの解錠信号によってオートロックが解かれ入室できます。

安心な24時間体制のセキュリティシステム

日立ビルシステムと綜合警備保障との連携により、24時間・365日体制で見守るシステムを導入。住戸における火災や建物内・エレベーター(保守会社に信号等が入ります。)など共用部の異常発生時など万一の緊急事態の際は管制センターへ自動通報します。

touch_app指で左右に動かしてご覧ください。
  • スイッチ式サムターン(蓄光樹脂付)

    不正解錠防止に対して効果的なスイッチ式サムターンを採用。中央部には暗くても見えやすい蓄光樹脂を使用しています。

  • ダブルロックの玄関ドア

    防犯性を高めるために、玄関ドアの2箇所にキーを設置。また、手がふさがっていても簡単に開閉できるプッシュプルハンドルとしています。

  • 鎌デッド錠

    鎌状にせり出してくるデッドボルトがストライク部にガッチリかみ合う鎌デッド錠。バールによるこじ開けに対する抵抗が強くなっています。

  • ふた付ドアアイ

    ドアアイに切り欠きを設け、回しにくい形状になっています。また、プライバシーを考えて外部から在室確認ができないように、裏ぶたを設置しています。

  • サブロック

    サッシの下部に設けられた補助錠。クレセントとのダブルロック化で、防犯性がアップしています。

  • 可動式ルーバー面格子

    ルーバーの角度を調節できる面格子を、共用廊下側の開口部に採用しました。(一部除く)

  • 防犯窓センサー

    1階住戸の掃出し窓・UB窓に防犯センサーを設置。住戸への不正侵入があった場合は、警報音により侵入者を威嚇すると同時に、警備会社へ自動通報します。

STRUCTURE
構造

万一の災害から住まいをお守りする、堅牢な建物構造。

  • 100年コンクリート(劣化対策最高等級3取得の構造躯体)

    建物主要構造部のコンクリート耐久設計基準を、1m2あたり最大3,600トン(最小3,300トン)の圧縮にも耐える高耐久コンクリートを採用。これにより大規模補修不要予定期間として75年~90年、共用限界期間として約100年(3世代)の強度と耐久性が認められています。※供用限界期間とは :期限内に大規模な構造修繕を行えば、さらに延長使用可能となる期間を表わしています。なお、大規模修繕不要予定期間とはメンテナンスが不要であることを保証するものではありません。

  • 建物を支える堅牢な杭構造

    地盤調査に基づいて、N値50以上の強固な地盤を支持層とし、既成コンクリート杭計11本を打ち込みます。

  • 次世代省エネ基準「等級4」を取得

    国土交通省・経済産業省の次世代省エネルギー基準に合わせ、外壁には約30mm以上の断熱材(一部を除く)、折り返し断熱や複層ガラスの採用など、住宅性能評価書の断熱等性能等級を4等級とした、高断熱仕様を実現します。

  • 耐震構造

    建物自体の強度で地震の揺れに抵抗する耐震構造を採用。極めて稀に発生する大地震の際にも建物が倒壊・崩壊しない耐震強度を確保しています。

  • 耐久性を高めるコンクリートかぶり厚

    コンクリートを劣化させる原因となる、コンクリート内部の鉄筋の腐食を防ぐために、鉄筋を包むコンクリートの厚さ(かぶり厚)を充分に確保しています。

  • 構造計算に基づく十分な鉄筋量

    構造計算により鉄筋量を決めています。柱、梁は鉄筋直径最大約32mmとして、末永く安全にお住まいいただける強度を確保しています。

  • 耐久性を高めるダブル配筋(一部ダブルチドリ)

    外壁・戸境壁には、鉄筋の組み上げ精度を高め、耐久性及び乾燥収縮のひび割れを極力抑止するダブル配筋を採用しました。

  • 遮音性に配慮した壁構造

    住戸間の戸境壁は約180mm、外壁は約150mm~180mm以上(エレベーター周り200mm)と充分なコンクリート厚を確保。外部からの騒音侵入はもちろん、隣戸間における生活音漏れに配慮し、遮音性に優れた居住空間としております。

  • 冷暖房効率の高い複層ガラス

    冷暖房効率の高い複層ガラスを採用。結露も抑制しますので、大切な住まいの劣化を防げる点でも効果的です。

  • 遮音性に優れた、二重天井・二重床構造

    床はコンクリートスラブと床材の間に空気層を設けた二重床構造。天井面を二重天井とすることで、リフォームやメンテナンスを容易にし、さらに遮音性も高めています。また、二重床は遮音性の高い⊿LL(Ⅱ)-3の床組みを採用。下階に対する生活音の伝わりに配慮しています。

  • シックハウス対策を考えたフォースター建材を使用

    壁紙等は、日本工業規格(JIS)によって、ホルムアルデヒド等級の最上位規格として認定されたF☆☆☆☆(フォースター)規格を採用しています。健康に有害だとされるホルムアルデヒド放散を抑えた居住空間により、健やかで安心感の高い暮らしを実現します。

  • 住宅性能評価

    「住宅性能評価書」は、国土交通大臣の登録を受けた第三者機関によって評価されるものです。〈エクセレントシティ葛西 パークアリーナ〉では、設計段階の評価をまとめた「設計住宅性能評価書」を取得済み。施工段階と竣工時の検査結果をまとめた「建設住宅性能評価書」も取得予定です。

※掲載の写真はモデルルームCタイプを撮影(平成30年4月)したもので、家具・調度品等は販売価格に含まれておりません。また一部オプションを含みます。

PAGE TOP