DESIGN デザイン

  • 外観完成予想CG

ここから始まる未来を映す、
シンボリックなアーキテクチャー。

目指したのは、進化する千葉の中心を象徴する造形デザイン。
バルコニーを四方に巡らせ、コーナー部をシャープに突出させるとともに、
未来へと羽ばたく翼をイメージしたフォルムを創出。
全ての住戸に設けた開放的なバルコニーガラスのグラデーションと、
モノトーンを基調にした外壁とのコーディネートによりシックで都会的なデザインに設えました。

タワーならでは暮らしごこちを高める共用施設。

全397邸、31階建てのタワーレジンデスという
スケールの大きさから、全体設計に街づくり的な発想を導入。
住まう方がいかに豊かな時間を享受できるかにこだわりました。
日常に愉しみやゆとりをもたらし、
さらには上質感を高めるなど、
さまざまな視点から共用施設を充実させています。

  • 車寄せ完成予想CG

    車寄せ完成予想CG

  • エントランスラウンジ完成予想CG

    エントランスラウンジ完成予想CG

  • エントランスラウンジ完成予想CG

    エントランスラウンジ完成予想CG

  • エントランス完成予想CG

    エントランス完成予想CG

  • パーティルーム完成予想CG

    パーティルーム完成予想CG

  • ライブラリー完成予想CG

    ライブラリー完成予想CG

  • フィットネスルーム完成予想CG

    フィットネスルーム完成予想CG

  • キッズルーム完成予想CG

    キッズルーム完成予想CG

商住一体複合再開発タワーレジデンス。

1屋上スカイテラス

空を感じて眺望が楽しめる、住まう方専用の共用空間として設けた屋上スカイテラス。千葉都心の街景観から東京湾、そして大空へと広がる雄大な眺望が魅力的です。

image photo
  • image photo
image photo
  • image photo
概念図イラスト
概念図イラスト
概念図イラスト
30F・31F プレミアムフロア30F・31F プレミアムフロア
4F〜29F エグゼクティブフロア4F〜29F エグゼクティブフロア
4F〜29F エグゼクティブフロア
4F〜29F エグゼクティブフロア
4F〜29F エグゼクティブフロア
4F〜29F エグゼクティブフロア
4F〜29F エグゼクティブフロア
4F〜29F エグゼクティブフロア
4F〜29F エグゼクティブフロア
4F〜29F エグゼクティブフロア
4F〜29F エグゼクティブフロア
4F〜29F エグゼクティブフロア
4F〜29F エグゼクティブフロア

多様な住まい方に対応できるよう、専有面積32.44㎡(1LDK)〜73.52㎡(3LDK)までの多彩なプランバリエーションを揃えた、本レジデンスのメインフロアです。

  • 内廊下参考イメージ ※本計画とは異なります。
内廊下設計

各階の共用廊下は、雨風にさらされることなく上質感が保たれるホテルライクな内廊下設計。外部からの音が聞こえにくいほか、視線も遮られ、プライバシーも守られます。

各階ゴミステーション

24時間いつでもゴミ出しができるゴミステーションを各階に確保。住戸にはディスポーザを標準装備しゴミ処理の快適性を高めました。

ゲストルーム

来訪されたご親戚の方などに心地よく滞在していただける、ゲストルームを4階に2部屋ご用意。眠りの質を高める品質で世界に知られる「シモンズ」のベッドを採用しました。

  • image photo
  • 4階概念図イラスト
3F エントランスラウンジ & パブリックフロア3F エントランスラウンジ & パブリックフロア
3F エントランスラウンジ & パブリックフロア
3F エントランスラウンジ & パブリックフロア
3F エントランスラウンジ & パブリックフロア
3F エントランスラウンジ & パブリックフロア
3F エントランスラウンジ &
パブリックフロア
暮らしを彩るパブリックスペース。
  • image photo

2ライブラリー

  • image photo

3パーティルーム

  • image photo

4キッズルーム

  • image photo

5フィットネスルーム

  • エントランスラウンジ
    完成予想CG

6エントランスラウンジ

  • image photo

7ガーデンテラス

  • image photo

8コンシェルジュサービス

空を感じて眺望が楽しめる、住まう方専用の共用空間として設けた屋上スカイテラス。千葉都心の街景観から東京湾、そして大空へと広がる雄大な眺望が魅力的です。

  • image photo

9屋内駐輪場

駐輪場は雨風に晒されない屋内駐輪場を採用し、防犯性も高めました。

10オープンテラス

1F1F
1F
1F
1F
1F
1F
1F
1F
  • エントランス完成予想CG

11エントランス

  • image photo

12車寄せ

車路の途中には庇を備えた車寄せを設けており、雨天時も快適に同乗者の乗り降りや荷物の積み下ろしができます。

  • 住宅用シャトルエレベーター参考イメージ
    ※本計画とは異なります。

13住宅用シャトルエレベーター

商業ゾーンと入口を分けた入居者専用エントランスには1階と3階を直通で結ぶシャトルエレベーターを採用。

14タワーパーキング

セキュリティの観点からも安全なタワーパーキングを採用。雨風からも守られ、愛車を安心して駐車いただけます。

安心の制振構造
安心の制振構造
  • 制振構造概念図

安心の制振構造

建物に伝わる地震のエネルギーを吸収し、揺れを減衰する制振ダンパーを壁内に組み込んだ構造です。万一の地震発生時も、建物を支える構造柱や梁の損傷を抑えられるほか、住戸内で感じられる揺れも軽減されるため、家具の転倒や窓ガラスの破損、物の落下など、地震の影響が抑制されます。また水害対策として電気室を2階に設置しており更に安心性を高めました。

  • ※掲載の各完成予想CG及び各概念図は計画段階の図面を基に描き起こしたもので実際とは異なります。外観の細部・設備機器・配管類等は一部省略又は簡略化しております。
    家具・照明器具・調度品等は、実際に設置されるものと異なる場合があります。予めご了承ください。
    植栽につきましては特定の季節の状況を表現したものでは無く、竣工時には完成予想CG及び各概念図程度には成長しておりません。樹種は一部変更になる場合があります。
    タイルや各種部材につきましては、実物と質感・色等の見え方が異なる場合があります。また今後変更となる場合があります。
    なお、現地隣接の新日本建設が事業化する右の建物「エクセレントセンタービル」(2022年12月竣工予定)は今回の販売物件ではなく、当物件との位置関係を表現するために図面を基に描き起こした完成予定図であり、実際とは形状、意匠は異なる場合があります。